無制限のアンケートと質問 - 1000件の回答 - 高度な機能

無料オンライン・アンケートのロゴ

チームと企業向け

無料オンライン・アンケートのロゴ
サプライヤー調査の作成

サプライヤー調査パートナーシップとパイプラインの強化

サプライヤーとの関係を強化し、サプライチェーンを最適化するために不可欠なツールのひとつが、サプライヤー調査である。

以下では、サプライヤー調査とは何か、その目的について掘り下げ、サプライヤー調査の質問例をご紹介します。

サプライヤー調査とは?

サプライヤー調査は、企業が商品やサービスを提供するサプライヤーからフィードバックを集めるプロセスである。 サプライヤーからの意見を求めることで、企業は、サプライヤーが製品の品質、コミュニケーション、全体的な満足度をどのように認識しているかを深く理解することができる。

サプライヤー・サーベイには、現在のサプライヤー・サーベイ(別名、サプライヤー・フィードバック・アンケート)と潜在的サプライヤー・サーベイ(別名、新規サプライヤー・アンケート)の2種類があります。

現在のサプライヤー調査は、サプライヤーが貴社と仕事をする上での経験についてのフィードバックを収集することを目的としています。このフィードバックを分析することで、十分な情報に基づいた意思決定を行い、改善すべき点を突き止め、サプライヤーとのパートナーシップを強化することができます。

サプライヤー候補調査は、多くの同じ質問をするが、そのサプライヤーと仕事をしたいかどうかを判断することを目的としている。

FOSで無料のサプライヤー調査を作成

常に最初に重要な質問をする。これによって、たとえ完了率が低くても、次のことを行うために必要なデータを得ることができます。
無料

サプライヤー調査の目的は?

サプライヤー調査は複数の目的を持ち、企業にとって大きな利益をもたらす:

  1. サプライヤーとの関係強化
    サプライヤー調査を通じた定期的なフィードバックは、オープンなコミュニケーションを育み、企業とサプライヤーの絆を深める。
  2. サプライチェーンにおける改善点の特定:
    サプライヤー調査から得られた洞察は、サプライチェーンの弱点を特定するのに役立ち、企業は必要な改善を実施することができる。
  3. サプライヤーのパフォーマンスと品質の評価:
    サプライヤー調査は、パフォーマンスを評価し、サプライヤーが基準を満たし、高品質のサービスや製品を提供していることを確認するのに役立ちます。

サプライヤー調査で考慮すべきことは?

よく設計されたサプライヤー調査は、サプライヤーの満足度から製品・サービスの品質まで、あらゆることを評価するさまざまなトピックをカバーする必要があります。

両方書くことで 公開質問 そして 非公開質問企業は、強みと弱みを包括的に洞察し、サプライヤーとの関係を改善することができる。

以下では、サプライヤー調査で考慮すべき重要なトピックを探っていく:

  • 総合満足度:サプライヤーのパートナーシップ経験に対する総合的な満足度を評価する。
  • コミュニケーションと対応:コミュニケーション・チャネルの有効性と応答の迅速性を評価する。
  • 製品/サービスの品質:サプライヤーが提供する製品やサービスの品質や一貫性に関するフィードバックを収集する。
  • 配送とフルフィルメント:配送とフルフィルメントプロセスの効率性と信頼性を評価する。
  • コストと価格:価格設定と支払い条件が、サプライヤーが提供する価値と一致しているかどうかを判断する。
  • サプライヤーサポート:問題や課題に対処する際にサプライヤーが提供するサポートや支援のレベルを評価する。
  • ビジネス・ニーズの理解:サプライヤーがどれだけビジネスの具体的なニーズを理解し、それに応えているかを測る。
  • 革新と改善:サプライヤーが継続的な改善に貢献し、革新的なソリューションを提供しているかどうかを判断する。
  • 信頼性:納期を守り、約束を果たすサプライヤーの信頼性を評価する。
  • 柔軟性:サプライヤーが要求事項や状況の変化にどれだけ適応できるかを評価する。
  • リスク管理:リスク管理に対するサプライヤーのアプローチと潜在的なリスクを軽減する能力を特定する。
  • 変更の伝達:サプライヤーがパートナーシップに影響を与える可能性のある変更をどの程度効果的に伝えているかについてのフィードバックを収集する。
  • フィードバックと苦情処理:フィードバックに対するサプライヤーの対応と、苦情や懸念事項への対処方法を評価する。
  • 長期的な関係:サプライヤーが長期的かつ協力的なパートナーシップを育む意思があるかどうかを見極める。
  • 提案と追加フィードバック:サプライヤーに追加のフィードバックや改善提案を提供するよう促す。

サプライヤーの調査方法

サプライヤーからのインサイト収集を成功させるには、以下のアプローチを検討する:

  • サプライヤー調査アンケートテンプレートの使用:最も簡単な方法は、サプライヤー調査のテンプレートから始めることだ。これは 調査ツール しかし、この記事の質問をテンプレートとして使用することは可能です。
  • 顧客満足度調査テンプレートの活用:の標準的な質問の多くは CSAT調査 はサプライヤーにも適用されます。ですから、過去に顧客調査を行ったことがあるのであれば、それを複製して少し変更を加えることで、時間を節約することができます。
  • クローズドエンドとオープンエンドの両方の質問をする:クローズドエンドの質問を組み合わせる 定量分析 と自由形式の質問 質的データ.オープンなフィードバックは、クローズドな質問に必要な文脈を提供する。
  • ネット・プロモーター・スコア(NPS)の測定:実装 ネット・プロモーター・スコア サプライヤーの忠誠心を測り、支持者を見つける。

プロからのアドバイス

常に最初に重要な質問をする。これによって、たとえ完了率が低くても、次のことを行うために必要なデータを得ることができます。
基本ソフト

サプライヤー調査の質問例

これらの入念に練られた質問によって、サプライヤーからの貴重なフィードバックを収集することができます。これにより データに基づく意思決定サプライヤーとのパートナーシップを強化し、サプライチェーン全体の効率を高める。

しかし、パートナーシップを結ぶ前に、より詳しい情報を得たいサプライヤー候補との間でも利用することができる。

サプライヤーに関する一般的な質問

  • 当社のサプライヤーになってどのくらいになりますか?
  • どのような製品やサービスを提供していますか?
  • 貴社の業種を教えてください。
  • 御社のおおよその年間売上高を教えてください。
  • 御社の主な所在地または本社はどこですか?

パフォーマンスとサービスに関する質問

  • 当社の注文処理プロセスにどの程度満足していますか?
  • 貴社が提供する製品/サービスの品質を10段階で評価してください。
  • お問い合わせやご相談に対するチームの対応について、どのように評価されますか?
  • 当社との契約中に直面した問題に対する当社の迅速な解決にどの程度満足していますか?
  • あなたから見て、私たちの協力関係においてイノベーションと継続的な改善が奨励されていると感じますか?

コミュニケーションと対応に関する質問

  • お問い合わせや問題に対する当社の対応について、どのように評価されますか?
  • 当社のコミュニケーション・チャネルは、懸念事項への対応に効果的だと思われますか?
  • チームから提供される情報や最新情報は、明確で理解しやすいと感じますか?
  • 私たちの協力関係に影響を与える可能性のある変更について、私たちが積極的にお知らせしていると感じる頻度はどのくらいですか?
  • チームメンバーとのコミュニケーションやサポートに満足していますか?

品質と信頼性に関する質問

  • 当社に提供する製品/サービスの一貫した品質をどのように確保していますか?
  • 高い製品・サービス水準を維持するために実施している品質管理対策について教えてください。
  • 製品の欠陥やサービスの欠点が発生した場合、どのように対処しますか?
  • 御社は、当社のニーズに一貫して応えてくれるサプライヤーとして、どの程度信頼できるとお考えですか?
  • 製品/サービスの納期について、合意した納期をどの程度守っていますか?

コストと価格に関する質問

  • 他のサプライヤーと比較して、市場で競争力のある価格を維持するにはどうすればよいでしょうか?
  • 提供する価値と製品・サービスの価格設定がうまく一致していると思いますか?
  • 御社が提供する製品/サービスに対して、当社の価格設定とコスト内訳はどの程度透明性があるとお考えですか?
  • 現在の支払条件は御社に適していますか?
  • 長期的な協力関係のために、コスト削減の機会、一括割引、ロイヤリティのインセンティブを提供していますか?

サプライヤー評価調査の主な特徴

よく設計されたサプライヤー評価調査には、次のような特徴がある:

  • 事業目標との関連性:各質問があなたのビジネス目標や目的に沿ったものであることを確認する。
  • 明確な質問:サプライヤーが理解しやすく、回答しやすい質問を作成する。
  • バランス評価尺度と回答選択肢:バランスの取れた秤を提供する 応答バイアス そして正確なフィードバックを得る。
  • 比較のための適切なベンチマーク:業界標準に照らしてサプライヤーを評価するためのベンチマーク基準を確立する。
  • 定期的かつ一貫した調査間隔:定期的に調査を実施し、サプライヤーの満足度と業績の変化を追跡する。

プロからのアドバイス

回答率をできるだけ高めるには、アンケートをできるだけ多くのチャネルで利用できるようにします。例えば、リンク、Eメール、ウェブ埋め込み、QRコード、ポップアップなどです。
基本ソフト

まとめ

サプライヤー調査は、強力なサプライヤー関係を育む上で極めて重要な役割を果たす、 サプライチェーンの最適化そして、総合的な顧客満足を達成する。

さまざまな調査手法を採用することで、企業は業務を改善するための貴重な洞察を集め、それを提供することができる。 卓越した顧客体験.

サプライヤーの満足度を一貫して測定し、フィードバックに基づいて行動することが、長期的にはビジネスの成功につながることを忘れないでください。

この記事を共有する

jaJA