無制限のアンケートと質問 - 1000件の回答 - 高度な機能

無料オンライン・アンケートのロゴ

チームと企業向け

無料オンライン・アンケートのロゴ
良い調査論文の書き方

良い調査論文の書き方:究極のガイド

大学生活では、研究論文、論説文、リアクション・ペーパー、あるいは説得力のあるエッセイなど、さまざまなタイプの論文を書くことになります。

最も一般的なエッセイの種類のひとつがサーベイ・ペーパーで、あるテーマについて大まかな流れを把握し、基礎的な理解を深めるためのものである。

この記事では、調査論文を取り上げ、優れた調査論文を書くためのベストプラクティスを考えてみましょう。

サーベイペーパーとは何か?

アンケート調査といえば、電話やインターネットを使ったものを思い浮かべるだろう。 オンライン調査 回答者の意見に基づいて結論を導き出すことを目的としたもの。

この種の調査は人気があり、ビジネスや行政の行動に情報を与える重要なものだが、調査論文とは異なる。

サーベイ論文は、あるトピックや分野を広く取り上げ、その限界を検討し、その中のサブトピックを考察し、それらに関する学問的コンセンサスの概要を提供するものである。

良い調査論文を書くための5つのヒント

このことは、調査論文を可能な限り強力なものにするために、学生はどのようにアプローチすべきかという疑問につながる。

1.トピックとエッセイの設問を十分に理解する。

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、どのようなエッセイでも、エッセイの設問から始めるべきです。設問をよく読み、エッセイを書くために何をすべきかを理解し、その設問に完全に答えるようにしましょう。

設問の中で理解できない部分があれば、必ず指導教官と話し合い、明確にしておく必要があります。同様に、書き始める前に、研究ポイントを特定するために、トピックとその大枠について基本的な理解を深めておく必要があります。

少しでも疑問があれば、リサーチや執筆作業を進める前に、まず概要を下調べする必要がある。

2.図書館と友達になる

調査論文を書く上で最も重要なステップの一つは、トピックを調査することです。その限界を発見し、トピックの主要な側面と輪郭を決定するために、十分な理解が必要です。

そのためには、大学の図書館を利用するのが一番です。図書館には、論文に役立つ様々な種類の資料があります。例えば、百科事典や入門書など、あなたのトピッ クの大まかな概要を知るのに役立つ資料があるはずです。そして、そのようなテキストに掲載されている参考文献を使って、検索範囲を広げ、トピックについての理解を深めることができます。

そうすることで、基礎的な知識を超えて研究成果を強化するのに役立つ、具体的な学術書にたどり着くことができるだろう。

3.論文作成サービスの利用を検討する

このような時、調査エッセイを誰かに手伝ってもらいたいと思うかもしれません。オンラインの専門家のサービスを利用して、必要な論文を素早く書いてもらえば、時間が自由になり、限られた時間を勉強や私生活に充てるチャンスが増えます。

私のエッセイを書くようなサービス WriteMyPaperHub 論文執筆の負担を軽減することで、成績向上のための努力が不要になります。

4.論文を書く前にアウトラインを書く

アウトライニングは時間の無駄のように思えるかもしれませんが、やってみるまでは無駄だと思わないでください。アウトラインを作成することで、時間を節約し、調査論文を早く書くことができます。論文のアウトラインを作成すると、大変な作業のほとんどを、負担の少ない、プレッシャーの少ない方法で行うことになります。

各項目とそれを支える情報をすべて並べることができ、何が効果的で何が効果的でないかを見極めることができる。また、この段階であれば、内容や順序を変更することにそれほど問題はないだろう。

こうすることで、論文を作成するときに、前もって全体をまとめておくことができ、それを使って最初から最後まで、立ち止まることなくエッセイを書くことができる。

5.提出前に修正・編集する

最後に、論文を提出する前に推敲し、編集することが不可欠です。誰もがエッセイの最初の草稿を書き終えると、終わってよかったと思うものですが、どんな調査論文も1回の草稿で完成するものではありません。注意深く目を通し、誤りや間違いがないか、より強力な論文にできるところはないかを探す必要があります。

修正、編集、校正に力を入れれば入れるほど、最終的な成果物はより強固なものになります。作品を提出する前に、最低でも2、3時間は見直しや推敲に時間を割くようにしましょう。成績表を見たとき、そうしてよかったと思うことでしょう。

この記事を共有する

jaJA